考え方

スターウォーズから学ぶ善と悪について

スターウォーズから学ぶ善と悪について

1 5 日 から公開されている スターウォーズ 最後のジェダイを見に行ってきました !

この映画をみて私は善と悪について考えてみました 。

善とは良いこと

悪とは悪いこと

これは当たり前ですよね 。

ではなんで悪がこの世の中からなくならないのか考えました

私の出した答えは人が 「 他人の幸福よりも自分の幸福を優先させようとする からです 。

でもこれは仕方が無い事だと思うんです、だって生き物は食べていかなくちゃ生きていけないんだから ( 誰かが生きる為に誰かが犠牲になる )


しかし人は他人の幸せも願うことができる生き物であるとも思うのです 。

自分が幸せになりたい気持ちと 、 他人に幸せになってほしい気持ちこの2つのバランスさせて人は生きているのでしょう 。

時にこの2つの気持ちが対立して 、 どちらか決めなければならない時 、 きっと人は自分を選ぶのです 。

自分の幸福を犠牲にしてまで他人の幸福を考えることは難しいことでしょう 。

そこで思ったのです 、 自分一人が幸せになれない人が他人を幸せにすることはできないと 。

自分の幸福と同じように他人の幸福を考えられるようになることが理想だと思うのですがまずは、自分自身が幸せになれる道を探し 、 幸せになれたら少しでもいいから他人の幸せの為に尽くすことが大切なのかなと思います 。


おまけに

他にも歴代スターウォーズから学べることを紹介したいと思います !

1 : なすべきことがない時は休む

 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 」 の中にはジェダイ・マスターのクワイ = ガン ・ ジンとシスの暗黒卿ダース ・ モールが戦うシーンがあり 、 このとき二人は透明の壁のようなものに隔たれて戦いの中断を余儀なくされます 。 ここで注目すべきなのが 、 クワイ = ガン ・ ジンの行動です 。 落ち着かない様子で歩き回るダース ・ モールとは対照的に 、 クワイ = ガン ・ ジンはライトセーバーを収め 、 軽く座して次の機会をうかがいます。

現代人の多くはダース ・ モールのように急き立てられ 、 何か 『 理由 』 を求めてしまい 、 何もしないことを心配に思ってしまいがちです 。 しかし 、 本当にできることがない時には一度立ち止まり 、 心を落ち着かせることも必要です

2 : 必要ないものを捨てる

ジェダイの騎士オビ = ワン ・ ケノービは惑星タトゥイーンに住んでいたとき 、 40年にもわたって質素な暮らしを送っていました 。 ヨーダは皇帝ダース・シディアスの暗殺に失敗した後 、 惑星ダゴバの湿地帯に立つ小さな小屋での生活を余儀なくされます 。 華やかな暮らしではありませんが 、 両者の生活には笑いがあり 、 次の世代のジェダイを育成する余力すら残っています 。 「 単なる作り話の一つだ 、 というかもしれませんが 、 私はこのように生きたいと願っています 。 友人に囲まれ 、 健康な体があり 、 決して物質に気をとられることのない暮らしです」とその意義を語ります 。

3 : 「 善くある 」 ように心がける

「 善き人物 、 思いやり深い人物になることは私たちが永い間追い求めてきたことであり 、実現には長い時間がかかるものです 。 ビジネスの世界 、 アートの世界 、 色んな世界にいる人の多くは 『 善くない 』 人がほとんどでした」「 『何かを成し遂げるには1万時間練習すればよい 』 と言いますが、多くの場合は 『 いけ好かない野郎 』 になるためにその時間を使ってしまっています。その時間を 『 善くある 』 ことに費やすと 、 きっと世界は住みよい場所になるでしょう 」

4:心身を健やかに保つ

「これまでの映画に登場したジェダイの騎士で、心身のコンディションが優れていないケースは見たことがありません」、健康面の重要さを見いだしています。ジェダイの騎士となるためには確かに精神面の鍛錬が不可欠なものではありますが、同様に身体面の要素をないがしろにするわけにはいきません。スターファイター(宇宙戦闘機)から飛び出し、ライトセーバーを武器に戦い、年齢800歳を超えるヨーダですら華麗に飛び回るのは鍛え抜かれた身体あってこそと言えるでしょう。

さらに、健康そのものよりもむしろ「不健康」であることに注意すべき。もし身体が病に冒されていると、それは精神にも悪影響を及ぼします。また、苦痛にさいなまれていると、自分の行動にも影響を与えてしまいます。「そのためにはヨガ等の運動が重要です。ヨガを行うと、心身の両面を健康に保つことができ、よりスピリチュアルな内面に重きを置くことができるようになります」

5:「ジェダイ」と付き合う

一度はジェダイの騎士だったアナキン・スカイウォーカーですが、なかなかジェダイマスターに昇格できないうちに元老院議長パルパティーンに傾倒するようになり、ついにはダークサイドに墜ちてダース・ベイダーを名乗ることになってしまいます。

日々の生活の中では、正直であること、親切であること、他の人を認めることはエネルギーを要するもので、難しい時もあります。特に、自分のエネルギーやモチベーションを吸い取ってしまうような人に囲まれている時などはなおさらです。自分を善のエネルギーで満たしてくれる「ジェダイ」と付き合うことが重要であり、アメリカの起業家でモチベーション・スピーカーだったジム・ローン氏が語った「最も長く時間を共にする5人の人物の平均像、それがあなたです(You are the average of the five people you spend the most time with)」という言葉が、全てを物語っています。

6:心をオープンにする

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に登場するルーク・スカイウォーカーハン・ソロの違いは「信じようとする心」だと思います。実際の生活の場面でも、かたくなに一つのことに固執してしまうと言うことはあるものです。「自分は絶対に間違っていない」と信じ込んでいる自分に気付いた時には、自分以外の人が「なぜ自分とは違うように考えているのか」と思いをめぐらすようにしてください。きっと、自分とは違った物事の見かたがあることに気付くでしょう。

7:因果応報を知る

シリーズの中で、ルーク・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)がオビ=ワン・ケノービを倒してしまう場面を目の当たりにし、ハン・ソロは賞金稼ぎのハンターに捕らえられます。クワイ=ガン・ジンはシスの暗黒卿によって殺されることとなり、ヨーダも世を去って「フォースと一体化」します。人生には悪い出来事がつきものです。「しかし、上記の6つの項目を心がけていると、悪いことの後にはきっと良いことがやってくる」と信じています、「他の人に施した親切心や善い行いは、秘密の『親切銀行』の口座に蓄えられていき、いつかきっとあなたに返ってくることでしょう」日々の生活の中で善い心がけを持ち続けることの重要です。


以上「スターウォーズから学ぶ善と悪について」(おまけ付き)でした!

このブログが少しでも他人の幸せに貢献できることを願い

これからも配信していきたいと思います。

フォースと共にあらんことを

関連記事

  1. ブログで稼ぐ

    力強い広告の作り方3つのコツ!簡単解説!

    力強い 広告 の作り方!簡単解説!パワーア…

  2. 考え方

    どんなことがあっても自分に正直に生きる!

    どんなことがあっても 自分に正直に生きる !を解説していきます…

  3. 考え方

    モチベーションだけでは行動できない?

    行動するために大切なのが「気分」行動するためには「気分」です…

  4. 考え方

    幸せな人生を送るには正しい考え方が必要!!!

    幸せな人生 を送るには正しい考え方が必要!!!を解説していきま…

  5. 考え方

    元公務員 が語る仕事を任せたくない部下の特徴!

    元公務員 が語る仕事を任せたくない部下の特徴!元公務員 が仕事を任…

  6. 考え方

    成功する人は「能力はみんな同じ」と考えている

    成功する人 は「能力はみんな同じ」と考えていますどういうことな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 考え方

    人間関係 仕事の9割は人間関係でどうにかなる!
  2. 考え方

    心理トリガーとは?
  3. 考え方

    スターウォーズから学ぶ善と悪について
  4. 考え方

    信じさせた者は成功する
  5. 考え方

    あなたはすでに洗脳されている!!!
PAGE TOP