考え方

脱公務員 が語る 頭が悪く見られる文章の書き方!!!

脱公務員 が語る 頭が悪く見られる文章の書き方!!!

脱公務員 が頭の悪く見られてします文章の書き方を紹介します

私自身、国家公務員として働いていた際

『公文書』(公務員んが職務上で各文書のこと)を

書く機会が多々あり私自身文章力の無かった始めの頃は

相当苦労しました笑

今回は私の経験で培った文章を書く上で

気をつけるべきポイントを幾つか紹介します!

文章の内容が脱線する

文章を書いているうちに

だんだん内容がずれていく人がいます

はじめはタイトルを意識しながら

書き始めるのですが

だんだんと

内容がずれてしまうのです!

文章を書いていると

途中で何を書いてるか分からなくなり

気がついた時には

次に何を書けば良いのか分からなくなってしまう

文章にはまとまりがなく

自分が何を言いたくて文章を書いているのか

分からなくなってしまう

文章を書くことが苦手と言う方はおおいと思うが

ほとんどの場合このパターン

ではないでしょうか?

私は塾講師、家庭教師をしていて

生徒の小論文の指導を数年してきました

「小論文」というと難しそうに聞こえるが

要するに、小論文とは別の言い方をすると

「意見文」です!

レポート、報告書、企画書という

形で書かれた文章は

基本的に小論文の変換なのです!

そう考えれば少し文章を書くのに

抵抗が減ったのではないでしょうか?

文章に抵抗感を持たないということも

文章をうまく書くには大切なことですので

早い段階で文章に対する抵抗感をなくしていきましょう

基本の「論述の型」

小論文ではあるある問題に対して

YESかNOで答えなければならないことが多い

そのような場合には

文章を書く上で基本となる

「論述の型」

を用いると書きやすくなります

論述の型とは

みなさんよくご存知の

起承転結みたいな構造です

では簡単に説明しますね♪

1主張を表明する

問題の結論として

YES

or

NO

どっちなのかはっきりいうこと!

(どっちと限らない場合は問題提起しよう!)

2意見提示

「しかし、、、」

「たしかに、、、」

この切り返しで自分の意見を明確にしよう!

3根拠

「なぜなら、、、」

で始めて

自分の意見の根拠(理由)をかいて

説得又は納得してもらおう!

4結論

「このようなわけで、、、」

で始めて自分の意見をより明確にする!

 

この4つの流れが「論述の型」です

これは文章以外にも会話でも使えるので

オススメです!

超簡単に言えば

「結論」

「理由」

です

最初からダラダラ書くのではなく

始めに結論を書けば読者も読みやすいし

その次に理由を書けば

納得できる文章に仕上がるはずです!

文章がずれる例

ここでは文章がずれる例を見てみましょう

「ゆとり教育の是非」

についての文章を書くことにします

この場合「ゆとり教育」の功罪を検証しながら

最終的に

「好ましいのか、好ましくないのか」

を展開しなければなりません

 

「ゆとり教育は好ましい」場合

(「論述の型」の番号をつけます)

「1ゆとり教育は正しい、、、

1確かに、ゆとり教育は悪い面もある

2こんな場合です、、、、

3しかし競争重視よりも生徒にとって望ましい

3なぜなら、、、

4このようなわけでゆとり教育は正しい!」

 

「ゆとり教育が好ましくない」場合

「1ゆとり教育は正しくない、、、

2たとえば、、、、

2だからゆとり教育より競争重視の方が生徒にとって望ましい

3なぜなら、、、、、

4このようなわけでゆとり教育は正しくない!」

 

このようなパターンで展開すれば正解でしょう

 

ところが次のように

文章がずれてしまうことがある

「1確かにゆとり教育には悪い面がある

2たとえば、、、、、

しかし、ゆとり教育が今の日本で増えている!」

 

「1確かにゆとり教育には悪い面がある

2たとえば、、、

しかし、最近の子供たちはゆとりをなくしている

4もっとゆとりを持った精神が必要だ!」

 

上記の2つの文章は

いずれも

しかし

の後で主張すべきポイントが

大きくずれてしまっているのです

 

このようなパターンはよくみられます

コツとしては

「しかし、、、」

「だから、、、」

「なぜなら、、、」

「このように、、、」

「そして、、、」

「だが、、、」

といった接続詞で

正しく力を込めた文章を展開することが大切です!

一般論にすれ違う

 

次のようなケースもみられます

「1受験戦争によって子供たちは自由を失ったかもしれない

3しかし、競争意識を持つことは自己を確立する上で必要だ

4しかし心のゆとりを失ってしまうのでよくない」

 

このような文章は

「しかし」の前後の対応を考えていないため

YESかNOどっちなの!?

という感じで結局なにが言いたいか

伝わらない文章になってしまい

一般論にすりかわってしまっている

 

このようなパターンもよくみられます

まとめ 正しい文章を書くポイント!

上記に良い例、悪い例を示してみました

いかがでしょうか?

納得していただけましたか?

これもまた文章で説明しているので

私の文章技術が分かるでしょう笑

では

まとめとして

文章を正しくわかりやすく書くポイントは

ズバリ!

「文章を書くときは

常に自分の主張を意識して

そこからずれないようにする

です!


以上「 脱公務員 が語る 頭が悪く見られる文章の書き方!!!」

関連記事 「脱公務員 が語るバカ上司を話し方で見抜く方法!」

さらに深い考え方を知りたい方は
こちらがおすすめ!!!
*無料のため在庫に限りがあります!!!

 

関連記事

  1. 考え方

    脱公務員 が語る人望を得る方法!!!

    脱公務員 が語る人望を得る方法!!!脱公務員 が少…

  2. 考え方

    幸せな人生を送るには正しい考え方が必要!!!

    幸せな人生 を送るには正しい考え方が必要!!!を解説していきま…

  3. 考え方

    スターウォーズから学ぶ善と悪について

    スターウォーズから学ぶ善と悪について1 5 日 から公開さ…

  4. 考え方

    成功方法 自己資源 「時間」と「お金」をどうやって生み出すか?

    成功方法自己資源 「時間」と「お金」をどうやって生み出すか?今回の…

  5. 考え方

    学校は国づくりのための養成機関!!!

    学校 は国づくりのための養成機関を解説していきます学校は何のために…

  6. 考え方

    相手の発言の矛盾をつく!!!

    相手の発言の 矛盾 をつく!!!を解説していきます世の中に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 考え方

    睡眠はしっかりとること!!!
  2. 考え方

    公務員の成功方法 「失敗」を考えない進撃の巨人!!!
  3. ブログで稼ぐ

    力強い広告の作り方3つのコツ!簡単解説!
  4. 考え方

    すぐに調べる!明日やろうは馬鹿野郎!
  5. 考え方

    成功方法 ! 真の成功は人格を育てることから始まる!
PAGE TOP